稲村真耶展1

“稲村真耶展”いよいよ明日13時より開催です!

天候に恵まれそうなのはいいのですがそれはそれで恵まれすぎ!
台風の影響からか今日の東京は予想最高気温32℃です。
もう10月ですが今更の熱中症等にどうぞお気をつけてお越しくださいませせ。

そんな初日、午前中が娘ちゃんの保育園の運動会なので準備は前日までに完璧にと頑張りました。
が、午後は午後で息子くんの少年サッカー区大会の準決と決勝となっていたり…。
まぁそちらは男同士「お互いがんばろーぜ!」ってな感じでいいでしょう。

 
というわけでいつもは当日オープン前ですが店内画像も夜のうちに撮影しました。
初日開演前の様子をザッとご紹介しておきますね。

明日5日(土)より8日間、13時〜19時でご来店お待ちしています!

入口すぐの平台は白磁と湖水釉の印刻文のうつわ

カップや小皿など

和洋折衷に活躍するオーバル

柔らかで優しい稲村さんの磁器がトータル320点ほど並んでいます

 
      【稲村真耶展】

10/5(土)〜12(土)の8日間(会期中は無休)

  初日5日(土)に稲村真耶さん在店

 

 
■Instagram(@lion_matsuno) ■twitter(@Lion_Pottery) ■Facebook(@LionPottery)
↑いづれかSNSもチェックしていただけると幸いです


稲村真耶展のご案内

ラグビーのワールドカップが日本で開催中ですね。

息子くんもドラマ“ノーサイドゲーム”で興味を持ち、日本の初戦は一緒にテレビ観戦しました。
ただ最初の15分くらいで「思ってたより面白くない…」と言ってましたが。。。
なぜプレーが止まったかとか説明しても小3にはちょっと難しいかもしれませんね。
自分もいまだ完璧にはわかっていません。

でも正々堂々と身体をぶつけ合う姿はやっぱりカッコいいです!
かつて自分は高校からラグビーをやろうと思っていたのですが、危険だと祖母の反対にあい…サッカー続ければ入学祝いもっとあげるよとの誘惑にあっさり落ちたのでした笑

日本代表には前回大会南アフリカ戦のような激勝とベスト8入りを期待したいです!

 

さてブログの更新が滞っていましたが作品展のご案内。
サイトトップにDM掲載中の稲村真耶さんの個展がいよいよ来週末に迫ってまいりました!

 
      【稲村真耶展】

10/5(土)〜12(土)の8日間(会期中は無休)

  初日5日(土)に稲村真耶さん在店

 
※展示準備のため勝手ながら10月3日(木)4日(金)は臨時休業となります

 
滋賀県の比叡山の麓かつ琵琶湖の畔、比叡坂本で作陶されている稲村真耶さん。
その磁器は京都で修行されたご本人さながらの“はんなり”です。

(はんなり=京言葉を中心に近畿地方で用いられる日本語の副詞である。落ち着いた華やかさがあり、上品に明るく陽気なさまを表す。あるいは、天然でマイペースな人のことを指す。wikipedia)

やや滲ませてのびのびと描かれる染付は古陶の写しなどやや堅いものでもどこか無邪気でかわいく、ときに飼い犬などをモチーフにされたユーモラスなものもありほっこりさせられます。
びっしり繊細に書き込まれたものもイイ意味で嫌味っぽい大作感はなく手に取りやすいです。

輪花や陰刻等の型打ちは凛とした佇まい。
白磁、瑠璃の他、湖水釉、蒼釉、月光釉など独自に名付けられた自然を感じさせる綺麗な釉薬と相まって、そのうつわの美しさにウットリです。
今回新しく型も作られたそうで新作が楽しみ楽しみ。

待望の当店初個展まであと10日、どうぞ楽しみにお待ち下さい。

■Instagram(@lion_matsuno) ■twitter(@Lion_Pottery) ■Facebook(@LionPottery)
↑いづれかSNSもチェックしていただけると幸いです


久しぶりに

早いもので娘ちゃんが生後9ヶ月となりました。

離乳食や赤ちゃんせんべいをモリモリ、麦茶をガブガブしています。
先日から伝い歩きもしだしたので来月くらいには歩いてそう。
お兄ちゃんも成長早かったのですが、やっぱり下の子は上を見て育つ分余計に早いです。

そんな娘ちゃんのここ数日のブームはガラガラ声。
ご機嫌なときに森進一のモノマネのようにヴェーヴェー言ってます。
どこで覚えたのか喉が気持ちいいのかわかりませんが、早く飽きてくれないかな…。

 

さて稲村真耶さんからの新着分のご紹介。

先に店内に並んだ様子はご紹介しましたが、そこにあった2種が既に完売してしまいました。
ブログの更新が遅く申し訳ありません!
入荷情報等はSNSでは先にご紹介してることも多いので↓のどれかチェックいただけると幸いです。

■Instagram(@lion_matsuno) ■twitter(@Lion_Pottery) ■Facebook(@LionPottery)

夏の帰省ついでに久しぶりに工房にお邪魔し分けてもらってきた稲村さんのうつわ。
稲村さんの産休&育休や当店の移転などによりかなり久しぶりの入荷になりました。
白磁の青みがかった古色風の色合いや滲みと濃淡ある染付など凛としながらも柔和な表情の磁器。
女性ならでは、且つ母となってより一層優しさが感じられるような気がします。

花唐草そば猪口(Φ8.5xH6cm/3,240yen/稲村真耶)

軽やかに濃淡を出して描かれた花唐草と輪花の縁が特徴となっているそば猪口。
輪花のそば猪口は古伊万里などでなくはないですが、花弁が不均一なので斬新だと思います。
画像にありませんが内側底にもワンポイント葉っぱの染付があります。

そば猪口は日本が誇るフリーカップ、小鉢やデザートカップ等にもお使いください。
8分目容量120mlほどで濃いめのコーヒーなんか色合い的にもオシャレです。

白磁長方皿(W21.5xD12.5xH2.5cm/4,320yen/稲村真耶)

角皿ながら四隅は輪花となっている長方皿。
縁が立ち上がり深さがあるのも特徴的で、ちょっと絵画の額のようにも見えないでしょうか。

サイズや深さからお魚なら鮎の塩焼きとかサバやイワシの煮付けなんかがいいですね。
また出汁巻きとかゲソ天とか居酒屋メニューが品よく見えてイイんじゃないかなと思います。
(イイ感じの飲み屋でイイ感じの女将が万願寺とうがらしとか出してほしいって妄想)

白磁四角皿 大(W16.2xD14xH2cm/4,104yen/稲村真耶)

上と同シリーズで最近追加されたもの。
稲村さんは焼き魚をイメージされたそうで、切り身魚や1人分のお造りなんかはジャストサイズ。
そして縦横比が正方形にも近いので角皿だからと意識せず色々と使えるんじゃないでしょうか。
ケーキにおまんじゅうと和洋お茶請け、おにぎり2つとお新香っていった感じも良さそう。

白磁輪花9寸皿(Φ27.5xH5cm/9,720yen/稲村真耶)

カーテンやウェディングドレスのドレープのように美しい稲村さん定番の不均一な輪花皿。
6寸や小皿は以前扱いがありましたがコチラは径27.5cmの大皿で存在感あります。
ロクロ後に型打ちして形成するのですが、それが物理的にできるサイズの限界らしいです。

鯛の塩焼きとかアクアパッツァとか大皿料理に、これからの季節は鍋の具材を並べたりにも◎
綺麗すぎて使わないときも飾っておきたくなります。

 
そしていよいよ来週末から!

      【阿部春弥展】

9/23(土)〜9/30(土)の8日間(期間中は無休)

   初日23日(土)に阿部春弥さん在店