夏季休業に入ります

【夏季休業のお知らせ】

8月10日(金)〜20日(月)

 
誠に勝手ながら定休日含め上記期間を夏季休業とさせていただきます。
長期にわたりご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。

 
久しぶりの投稿が明日からのお休みのお知らせとなり申し訳ありません。
ホームページトップやSNSでのお知らせのみで、こちらでは直前もいいとこ。

InstagramTwitterが発信ベースとなり、最近は作品展等イベント時のみになっちゃってます…。

でも「昔のブログおもしろいんで読み返してます!」なんてお客さまが最近おられました。
そんな奇特な方のためにも今年の後半はもう少し更新していこうと思います。

 
さて今日は個別の紹介は置いといて、最近の新着到着時の写真をまとめてアップしておきますね。
2〜3ヶ月前のものもあり完売しているものも一部あるんですが、

「あ、あのうつわ!」とか「へー、こんなのあるんだ」

って反応していただけたらと思います。

最新着は先週届いた増田勉さんの刷毛目や三島手含め粉引系のうつわ。
派手さはない素朴な白いうつわなのですが、形の美しさやどこか漂う品のよさが堪りません。

先の2人展も好評だった平岩愛子さんの再生ガラスが客注品等と合わせ少し追加されています。
目から涼ですね。細かな気泡が入った”うす泡”の小鉢(カップ)が個人的お気に入り。

阿部春弥さんからも客注品と合わせ少しですが常設分が届いています。
白磁、ルリ、黄磁と同じ磁器でも色で受ける印象も全然違いますね。

大塚雅淑さんの益子焼は飴釉中心に。
現代的なフォルムに益子の伝統釉のクラシックな感じがイイんです。

志村和晃さんの染付も2回に分かれて届いています!
定番のもの中心ですが、甘すぎない可愛さと縁の鉄など古物感や渋さもありやっぱりイイんです。

高橋工芸の木のうつわも定番品が再入荷。
ウチではキャンプなんかでも活躍してます。

出西窯からは定番のもの中心に年に3〜4回は入荷しているんです。
写真は1番最近の荷物から。

 
それではまた21日(火)よりご来店お待ちしています。
みなさまよい夏休みを。


最近の入荷より

7月に入ってからも全く降らない日はないくらいの梅雨空でしたが今日漸く晴れました!
久々の日差しが気持ちよかったです。
やっぱり日照時間に自律神経は影響するんでしょうね。

最近は油断すると自宅の湿度計も80%超となり、部屋干しの洗濯物が全然乾かず大変でした。
この先台風が心配ですが暫く晴れ間が続くのかな。

そんな天気のなか先週はささやかな周年SALEに沢山のご来店ありがとうございました!
おかげさまで無事4周年を迎え、盛況のうちにSALEを終えました。
あれよあれよと5年目に突入しましたが、今後も1年ずつ積み重ねていけるよう頑張ります!

 

さて、その先週今週と色々と器が届いています。
最近の入荷では定番品の再入荷のみや入荷数が少量などで紹介していなかったものなども。

ただ明るい自然光での撮影がずっとできなかったので個別の写真が撮れていないです…。
なので店内に並んだ写真でざっと紹介してみようと思います。

 
まずは今朝の天気により大テーブルに移動した再生ガラスたち。
先日ご紹介した平岩愛子さんの再生ガラス、ガラス工房清天の琉球ガラスと色々揃っています。

7月らしい天気となりガラス器の輝きも一層魅力的に見えます。
定番ものや5月に工房で分けてもらったものなど清天さんも結構ありますね。

 
そして新着の並ぶ平台には今週届いた益子の大塚雅淑さんの掛分けの器。
今回は暑い季節にも良さそうな益子青磁のものをお願いしました。

切り身魚大の長皿、大きな干物もバッチリな長角皿、1〜2人分のお造りに四角皿と角皿大集合。
丸い器ばかりの食卓にアクセントとなりますし、居酒屋メニュー的なおかずも似合います。

 
今週は同じく益子の中村恵子さんからも器が届いています。
いつもの粉引と深緑の他、新たに作られたインディゴと名付けられた瑠璃色の器も。

プレートや丸くみだし(旧名丸湯のみ)なんかは久しぶりの入荷。
和の表情に洋の形のバランスがよく、女性の作り手ならではの可愛さです。

 
出雲の出西窯からもSALEに合わせて届いていました。
写真を撮る間もなく早々に完売してしまったものなんかもありスミマセン。

青と白がマリンカラーのように並ぶと爽やかな感じもしますね。
季節や食の和洋を問わず活躍してくれます。

 
旭川の高橋工芸からシンプルで洗練された木の器が届きました。
清潔感ある明るい木肌が夏にもぴったりだと思います。

完売していたKAMIマグカップや径25cmのCaraプレートなど再入荷しました。
マグの小を友人の出産祝いに贈らなきゃ。


ギフトにもおすすめ木の器

2014年も佳境。
1年を振り返れば世の中的にも様々あったわけですが、前半の出来事とか結構忘れてしまいます。
そんななか今日悲しいお知らせが…。

STAP細胞の再現が失敗に終わったようですね。
すっかり忘れていましたが、個人的には大逆転で「できましたぁ〜♪」ってのを期待していました。
彼女の会見の様子から実はあっさりできるんじゃないかなと。(なんの知識もありませんが)
うーん、コツとか200回成功とかなんだったんだろう。

ガンなどの病気や怪我などに対する再生医療の将来に大きな貢献となってほしかったです。
禿げるであろう将来に一筋の光は差さず。

 

さて、北海道旭川の高橋工芸から木の器が届いています。
明るい木肌による優しい風合いでシンプルで洗練されたデザインが特徴的。

高橋工芸の器は北海道産の無垢材をロクロ挽きし、食器用ポリウレタン塗装が施されています。
学校給食用食器などに用いられる塗料なので強度があり安全面での心配もありません。
吸水しないので飲物や汁物を入れられますし、朝食で毎日といったタフな使用に向いています。
軽くて扱いやすい木の器でギフトにもオススメです。

KAMIマグカップS(W9.8xD7.5xH6.9cm/¥3,564)、M(W10.8xD8.5xH7.8cm/¥3,780)
ともに高橋工芸

両サイズとも完売していた定番のマグカップが大小ともに再入荷しています。
センの木を紙(KAMI)のように薄く挽いたシリーズで、薄く作られた口縁は口当たりイイです。
また木は熱伝導率が低いので保温効果に優れているのも特徴。

Sサイズは8分目容量120mlほどで、濃い目の珈琲やお子さんのマグとしてオススメ。
ウチの息子も0歳から使っていますし、出産祝いやプレゼントに人気ですね。
(お子さんの使用例として以前の記事の写真を参照下さい)
Mサイズは8分目で180mlと大人が普段使いしやすいサイズです。
軽いですし簡単に割れることもないのでアウトドアシーンでの使用もいいんじゃないでしょうか。

CaraコップS(Φ7xH6.5cm/¥2,808)、M(Φ8xH7cm/¥3,024) ともに高橋工芸

たまご型でコロンとしたコップが新登場。
ふんわりと丸いたまごの曲線によるイメージのシリーズでシナの木が用いられています。
熱伝導率の特性から熱い飲み物もほんのりと熱が伝わる程度で冷たい飲み物も結露しません。

Sサイズは8分目容量90mlほどとやや小ぶりな湯のみといったサイズ感。
ちょっとお水を一杯といった時に、またこちらもお子さんのコップにもオススメです。
Mサイズは8分目で140mlほどで、お茶に牛乳にと湯のみやコップとして使いやすいサイズです。
またヨーグルトやアイスクリームなんかのカップにもいいかもしれません。

CaraプレートΦ180(Φ18xH1.6cm/¥2,700)、Φ250(Φ25xH2cm/¥4,320) ともに高橋工芸

同じくCaraのシリーズのプレートも2サイズ。
白く明るい木肌は清潔感があり元気よく食べさせてくれそうです。

Φ180はトースト1枚ちょうど乗るサイズ。
目玉焼きにレタスとトマトといった朝食のおかず、ナチュラルテイストなケーキ皿にも◎
新たに加わったΦ250はフラットでこのサイズなので流行りの!?ワンプレートにも良さそうです。
チキンの丸焼きなど大皿料理、オードブルを盛り合わせたりパーティーシーンでも使えそう。
もちろん普通にパスタなんかもいいですし、配膳にお盆としてもお使いいただけます。

Xmasだけでなく忘年会や退職などのギフトラッピングのお客様が多くなってきました。
お時間少しいただきますが、こんな感じでやらせていただきます。